【ねこわか】ビットコインとブロックチェーンの違い?

ねこでもわかるビットコインとブロックチェーンの違い?!

 

2017年、知人からの誘いがあってビットコインを買ってみようかなと思った。

しかしながら、訳の分からないものに大枚を出すわけにもいかないので、ビットコインとは何かを学ぶことにしました。

最初に申し上げておくが、僕は家電を買っても説明書を読まないタイプの人間だ。

当時、ネットで調べたが分かるようでイマイチよく分からない。

正直カンタンに理解することが難しいことだけはわかった。

そこで、ふつふつと蘇ってきた記憶。

平成7年頃windows95ではじめてパーソナルコンピューターなるものに触れたときの記憶だった。

仕事の書類作成でワープロ(たしかシャープの書院)を完璧なまでに使い倒していたおいらは、最初からwin95をなめていた。

これからはインターネットの時代だから、ホームページくらい作ってやろうと意気込んでいたのだ。

ところが、エクセル? プロパイダー? ISDN? CPU? URL? エクスプローラーのタブ?タスクバー? ん~ん

そのころのわが家のお茶の間では、まず聞かないキーワードのオンパレードだった。

インターネットが世界に大きな変化をもたらすと確信していたおいらは、使いこなすことに躍起になっていた。

読まない説明書も読んだが、なにひとつ解決しないどころかますます説明書が嫌いになってしまった。

そう、あのころの記憶がよみがえってきてしまったのである。

分からないことは、ググれ!の教えどおりGoogle先生に聞いてみたが、はっきりした答えは出ない。

P2P? トランザクション?ノードにブロードキャストされる?digicash?マイニング?マイナー?

わが家のお茶の間で「おとうさん,今日学校でね,飼育委員のトランザクションがあったの。それでピア・トゥー・ピア型のネットワークでブロックチェーンに記憶されたんだよ」

なんて会話は絶対にないのだ。

wikipedia先生に聞いた答えが、こちら

ビットコインはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしで

ユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払(英語版)の検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システム(英語版)が用いられている。

参照元 :wikipedia

きっと、なるべくわかりやすく記載してくれているんだろうけども。。。

本屋に走って、ビットコイン関係の書籍を買って読んでみた。

それでも、疑問が膨らむことは多かった。

ブロックチェーンとビットコインは同じ?

イーサイリアムとかリップルとどう違う?

ほかの仮想通貨コインとの違いは?などなど

前置きが長くなってしまったので、そろそろ本題に入ります。

僕はブロックチェーンの技術者でなければ開発者でもないので、難しい計算式とかそんなことは書けません。

また、この記事を読んでいただいているあなたもそんなことは求めていないと思うので書きません、と言うか書けませんww

 

「ピットコインとブロックチェーンの違い?!」

HAJIME
難しい言葉無しで、僕が理解できた範囲で話します。
DAIKICHI
よろしく!
HAJIME
まず結論、「ビットコインを実現するための技術として誕生したのがブロックチェーン」ということ。
DAIKICHI
「ブロックチェーン」から「ビットコイン」が誕生したんじゃないの?
HAJIME
そう勘違いしていたんだけど、本当はビットコインからブロックチェーンが生まれたんだ

 

HAJIME
2008年11月サトシ・ナカモトさんの論文の「世界中で使える便利な通貨があったら良いな」ってことがビットコインの始まり
DAIKICHI
じゃあ、そこではお金の価値はなかったんだね
HAJIME
そう!でも2010年にビットコインでピザを買いたいって人がいて、ピザ屋さんもそれを了承したんだ。それが始めての取引、ピザ2枚で1万BTC、一枚1000円で売っているピザだから、2000円

 

 

DAIKICHI
じゃあ、1万BTCが2000円ってことだ!そこで初めてビットコインに価値が生まれたんだね。

 

HAJIME
そういうこと!ここで初めてデータとしてのビットコインに1万BTC=2000円っていう図式ができたんだ

 

PIZZA2枚=1万BTC

 

HAJIME
今も1万BTC持ってたらすごいことになってたんじゃない
DAIKICHI
けっこうな億り人だね

 

 

HAJIME
ここまでは良いかな?

 

DAIKICHI
うん!ビットコインって名前で勘違いしやすいけど、仮想の通貨、あくまでデータに対しての通貨価値ってことでしょ。
HAJIME
そのとおり!

 

 

ビットコインの価格はなぜ動く?

 

HAJIME
ビットコインの価格は、なぜ動くか知ってる?

 

DAIKICHI

あまり気にしなかったけど、そういえばそうだね。価値?

HAJIME
そう、希少価値なんだ。金と同じで絶対量が2100万枚って決まっていて、それに対しての価値ということで価格が動くってこと
DAIKICHI
金と同じだね。
HAJIME
マイニングできる数量がはじめから決められているんだ。
DAIKICHI
マイニング?

 

 

HAJIME
マイニングっていうのは。スーパーコンピューターを使ってデータを監視して計算式を照合している人たちのこと

 

DAIKICHI
採掘者ってことだから、ピラミッドの墓泥棒みたいなイメージだったけど違うんだね

 

HAJIME
うん、世界中で取引したデータは10分ごとにまとめられて1つのブロックに記録される。

 

 

 

DAIKICHI

その計算と照合作業している人達がマイナーってことだね!

HAJIME
そしてマイナーは、計算することで12.5BTCの報酬をもらうことができる。
DAIKICHI
10分ごとに12.5BTCってすごくない??百万円以上でしょ!!!それやりたい!
HAJIME
これが全員もらえるわけじゃないって事なんだよ。早い者勝ち!

 

 

DAIKICHI
マイナーは世界中にいるんでしょ?そりゃ大変な競争だな

うん、それだけじゃなくて計算された答えを6人のマイナーが答え合わせするんだ。

それで、全ての答えが合って初めてデータが記録される。12.5BTCも貰えるってこと。

 

6人のマイナーが答えあわせをして、全員合致してから記録される。
HAJIME
そのデータを世界中で共有するって事。

 

DAIKICHI
それを10分ごとにやっているんだー!すごい!おいらのCPUじゃパンクするな!じゃできないや。。

 

HAJIME
ははっ。。。電気代もすごいらしいから、日本じゃ無理じゃないかな

 

HAJIME
少しまとめると、マイニングはピラミッドの墓泥棒じゃなくて、スーパーコンピューターで計算、照合する作業のこと。これはいいかな?
DAIKICHI
おっけー!

 

HAJIME
そして、マイニングの対価で支払われるビットコインは12.5BTCが支払われる。
DAIKICHI
のーぷろぶれむ!
HAJIME
じゃぁ次、ビットコインは価値を維持する為に4年に一度減額されるんだ。6.25BTC, 3.125BTC, 1.2125BTC,とね。
HAJIME
だから、2040年にはマイニングできなくなるらしいよ。
DAIKICHI
それが、ビットコインの希少価値なんだね!
HAJIME
そういうこと。

 

ビットコインの強み

 

HAJIME
まだまだ始まったばかりの技術だから課題は多いみたいだけどね。

 

DAIKICHI
でも、法定通貨もデータでやりとりしてるよね?だからビットコインはなくてもいいんじゃないの?
HAJIME
うん、銀行間のやり取りはほとんどデータ化されてるよね。
HAJIME
ビットコインの良い所は「安い」「便利」「早い」だと思う
HAJIME
例をあげると、海外に出稼ぎに出ている人たちって世界中にたくさんいるんだって。その人達には送金手数料と為替差益が大きな障害になっているんだ。送金してから着金するまで1週間もかかるし、手数料は10万円送金して2000円もとられる。それがビットコインなら数秒で着金して手数料も1%程度で安く送金できるんだ。

 

HAJIME
あとクレジットカードの手数料って知ってる?
DAIKICHI
使った分だけじゃないの?
HAJIME
残念!手数料はお店が払ってるんだよ。3%~5%とか。それにカードリーダーとかも必要でしょ。個人のお店は大きな負担なんだ。

 

DAIKICHI
クレジット会社ってそんなに手数料を!そのうえリボ払いを進めてくるってなかなかすごいよね

 

HAJIME

wwwリボね、あれって拳銃のリボルバーからきてるらしいよ。撃っても撃ってもあとからどんどん足せるってね。地獄の図式だ。

HAJIME
ビットコインならスマホで決済できるからカードリーダーもいらないし、手数料も1%ほど払うだけで大丈夫。外国人も助かるよね。
DAIKICHI
「安い」「便利」「早い」だと助かる人はまだまだ大勢いそうだね。
HAJIME
そうだね。まさに「フィンテック時代」世界の金融革命

 

 

ビットコインの安全性を確保する為にブロックチェーンが誕生した

 

HAJIME
ここからは、ブロックチェーンについて少々。
HAJIME
まず、ビットコインの安全性を確保する為にブロックチェーンが誕生したってことは初めに話したよね

ブロックチェーンのカンタンな説明から。

 

 

 

日本にいるAさんがアメリカにいるBさんに「送ったよ」という記録と、アメリカにいるBさんが「受け取ったよ」という記録がブロックに記録される。

 

 

 

 

DAIKICHI
そのブロックが世界中に散らばって改ざん出来ないようになってるんでしょ。それはわかるWEBでみた。
HAJIME
大切なのはここから。そのやり取りを監視している人達がさっきのマイナーだよね。
HAJIME
もう一度いうけど、そして世界中のブロックに同じデータが記録される。それがチェーンみたいに繋がっている。だからブロックチェーン。
DAIKICHI
安全そうなのはわかるけど、隠蔽されてるの?
HAJIME
隠蔽はされていないよ。だれでも見れるように分散型台帳として公開されているんだ。
DAIKICHI
公開されているんじゃ悪いことできないね。

人類最古のメソポタニア文明にブロックチェーン技術が存在していた。

 

 

HAJIME
紀元前3500年のメソポタミア文明で、くさびがた文字の粘土の板が発明されているんだ。
DAIKICHI
それ超興味深いな!
HAJIME
うん、粘土板に書かれている内容は、すべての取引に加えて数学、測量、天文、酒造、医療取引、利息、金利、不動産、法律、辞書などなど、
DAIKICHI
それって粘土板を改ざんされないように焼きこまれていたってこと?
HAJIME
そう、粘土板の記録を改ざんされないように粘土板を焼いて取引内容を固定化していたんだ。つまり改ざんされない『暗号化』された『台帳』が発明された。
DAIKICHI
ブロックチェーンの元祖だ!
DAIKICHI
メソポタニア文明でも宇宙人の痕跡はいくつか発見されているしね。
HAJIME
ねっ!興味深いでしょ。その話しはまた次回。
HAJIME
ブロックチェーンは「仮想通貨」だけでなく、改ざんされにくい台帳技術だからいろんなことに応用ができるんだ。
DAIKICHI
メソポタニア文明が教えてくれた、すべての取引と数学、測量、天文、酒造、医療取引、利息、金利、不動産、法律、辞書などなどってことだね。

 

まとめ

ブロックチェーンとビットコインについて調べようと思っても、「キーワードごとに検索」して「答えが見つからないまま情報迷子」になってしまう。

2017年の僕はこんな感じでした。

なのでここは専門用語をなるべく省いてお話ししてみました。

ブロックチェーンに興味を持った方の参考になれば幸いです。

@hajime

 

 

 

 

 

仮想通貨にねこパンチ|人気の仮想通貨を分かりやすく解説