ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入してみたいけれど、どこで買ったら良いのかわからない。そんな方へ

 

国内仮想通貨取引所の中でも、特に人気の高い3大主要取引所CoinCheckZaifbitFlyer について、各取引所の特徴やポイントをまとめました。

 

      取引所選びのポイント!

どの取引所を選ぶべきは、目的によって異なります。
例えば、頻繁に売り買いのトレードを行う可能性があるならば、売買手数料の安い取引所がおすすめですし、色々な仮想通貨を保有してみたいということであれば、取扱通貨の種類の多い取引所を選ぶのが良いでしょう。

取引所選びのポイントは下記の5項目です。

  • ①取引手数料
  • ②取扱通貨数
  • ③信用取引時のレバレッジ
  • ④資本金・運営会社情報
  • ⑤独自サービスの魅力

 

 

 


ランキング1位 Coincheck(コインチェック)
 
現物取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数料 提携銀行 入金方法 FX FXレバレッジ
無料 400円 0.0005 BTC 住信SBIネット銀行 銀行振込、 コンビニ決済、 ペイジー入金 あり 5倍
取引種類 セキュリティ 取扱アルトコイン 資本金
信用取引
FX
コールドウォレット、
マルチシグネチャウォレット、
二段階認証ログイン
イーサリアム、 リップル、 ライトコイン、 ビットコインキャッシュ、 ネム、 ダッシュ、 モネロ、 イーサリアムクラシック、 リスク、 ゼットキャッシュ、 オーガー、 ファクトム 9,200万円
項目 評価 メリット デメリット
手数料 基本手数料無料に加え現物取引手数料無料! クイック入金手数料が756円と少し割高
取扱通貨数 取扱通貨数13種は大手取引所では最多! 暴騰が期待されるMONAコインには非対応
取引ツール 取引アプリに加え決済アプリもあり、仮想通貨を使った実店舗での決済も対応! とくになし
セキュリティ マルチシグ、コールドウォレット、二段階認証すべてに対応! とくになし
FX・レバレッジ レバレッジ最大5倍まで対応 とくになし
信頼性 国内初の仮想通貨損失被害補償を開始! とくになし

取扱通貨数最多は”Coincheck”

 

仮想通貨で最も認知度があり、流動性が高いのはビットコインです。

ビットコイン以外にも取引所で売買される仮想通貨があり、それらは総称して「アルトコイン」と呼ばれています。

これから大きく利益が狙えるのはアルトコインの方だと考える方にとって、取扱通貨の数の豊富さは取引所の魅力の一つとなるでしょう。

3取引所の中で1番取扱通貨が豊富なのはコインチェックで、ビットコイン、イーサリアム、イーサクラシック、リスク、ファクトム、モネロ、オーガー、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインキャッシュと、現在国内取引所最多の13種類の仮想通貨を取扱しています。

2番目に豊富なのがビットフライヤーで6種類の通貨を取り扱っています。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、など時価総額の大きい主要コインから順に扱いを開始しているような印象があります。

最近国産仮想通貨の「モナコイン」の取り扱いも開始されました。

3番目がZaifで、5種類の通貨を取扱っています。Zaifも「モナコイン」を取り扱っている数少ない取引所の一つです。

 


 

ランキング2位 Zaif(ザイフ)
 
現物取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数料 提携銀行 入金方法 FX FXレバレッジ
-0.01% 350円~756円 0.0005 BTC 住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行 銀行振込、
ネット銀行、
コンビニ決済、
クレジットカード(販売所)
あり 25倍【追証なし
取引種類 セキュリティ 取扱アルトコイン 資本金
信用取引
先物取引
FX
コールドウォレット、
マルチシグネチャウォレット、
二段階認証ログイン
イーサリアム、
ライトコイン、
モナコイン、
ビットコインキャッシュ、
イーサリアムクラシック
8 億 3013 万円
項目 評価 メリット デメリット
手数料 口座開設、維持は手数料無料 クイック入金、出金ともに少し高め
取扱通貨数 BTC、BCH、MONAなど基本的な通貨は対応! ぞくぞく追加中!
取引ツール コイン積立が用意されている とくになし
セキュリティ マルチシグ、コールドウォレット、二段階認証すべてに対応! とくになし
FX・レバレッジ 最大25倍まで対応【追証なし!】 とくになし
信頼性 システムインフラの堅牢強化 とくになし

嬉しいマイナスの手数料『Zaif』

 

仮想通貨の取引所での売買には、取引金額に応じて手数料が発生するのが原則です。

手数料を低く抑えられるほど儲けの勝率が上がりますので、余計な手数料はできるだけ抑えたいところです。

「Zaif」は現物売買手数料がマイナスになっており、売買する毎に手数料分が還元されるという嬉しい仕組みを採用しています。

仮に1ビットコイン(200万円と仮定)の売買取引を行ったとすると、買いの取引では200円(=200万円×0.01%)

売りの取引には1,000円(=200万円×0.05%)が還元されることになります。

少額ですが、頻繁に売買を繰り返すトレードスタイルの方には有難い利益となりますね。

現在、他の取引所にはマイナス手数料の仕組みは存在しないため、手数料比較では「Zaif」が断トツです。

2位は、キャンペーン的に売買手数料が無料になっている『CoinCheck』、3位は取引金額に応じて0.01~0.15%の手数料が必要な『bitFlyer』です。

 

ランキング3位 bitFlyer(ビットフライヤー)
現物取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数料 提携銀行 入金方法 FX FXレバレッジ
0.01%~0.15% 216円~756円 0.0004 BTC 三井住友銀行 銀行振込、
ネット銀行、
コンビニ決済、
クレジットカード(販売所)
あり 15倍
取引種類 セキュリティ 取扱アルトコイン 資本金
信用取引
先物取引
FX
コールドウォレット、
マルチシグネチャウォレット、
二段階認証ログイン
イーサリアム、
ライトコイン、
モナコイン、
ビットコインキャッシュ、
イーサリアムクラシック
41 億 238 万円
項目 評価 メリット デメリット
手数料 口座開設、維持は手数料無料 クイック入金、出金ともに少し高め
取扱通貨数 BTC、BCH、MONAなど基本的な通貨は対応! 国内で人気のリップルには非対応
取引ツール 洗練されたUIのアプリは初心者にうってつけ レバレッジをかけた取引はPCからのみ。
セキュリティ マルチシグ、コールドウォレット、二段階認証すべてに対応! とくになし
FX・レバレッジ 最大15倍まで対応可能 とくになし
信頼性 国内初!仮想通貨損失被害補償を開始! とくになし

高レバレッジ取引なら『bitFlyer』

 

仮想通貨取引所では信用取引が可能です。

信用取引のメリットはいくつかありますが、最大の魅力は自己資金以上の取引ができるレバレッジ取引により、ハイリターンを狙うことができる点と言えるでしょう。

株やFXのレバレッジ取引には法律で上限が定められていすが、仮想通貨取引にはまだ法律がありません。

各運営会社の自主的な判断で上限レバレッジが設定されています。

3取引所の中で最も高いレバレッジ取引が可能なのは「bitFlyer」です。自己資金の最大15倍のレバレッジ取引を24時間365日行うことが可能です。

株やFXと違い、土日祝日もトレードができるので、非常に人気を集めています。

次に高いレバレッジ取引が可能なのは『Zaif』で、自己資金の最大7.7倍の取引が可能です。

特記すべき点は追証不要で、自己資金以上の損失を被ることがないので、リスクを限定してトレードを楽しむことができます。

3番目は「Coincheck」で最大レバレッジは5倍です。

ビットコインなど値動きが激しい通貨も多いので、レバレッジは5倍もあれば十分と考える人も多いです。

なお、レバレッジ取引はハイリターンが望める分、短時間で大きな損失を被るリスクも増大する点はご注意を。

 


さいごに

仮想通貨取引所を選ぶポイントは、「取引手数料」・「取り扱い仮想通貨の種類」・「セキュリティ面」・「アプリやサイトの使いやすさ」など。

仮想通貨取引所はそれぞれ特徴や長所があり、利用目的によって取引所を使い分けることが良いため、主要各社には登録しておきましょう。

まずは、国内3大取引所のZaif・コインチェック・bitFlyerへ登録しておくことをおすすめします。

2017年多くの「億り人」と呼ばれる人たちを誕生させた仮想通貨ですが、実際に仮想通貨取引を始めた人はまだ1%程度です。

先駆者メリットはまだまだありそうです。