年収数千万円単位でお金を儲けている人にとっては常識「3つのラポール効果」フツーのいい人貧乏で一生を終える人には関係のない話。

大金を儲けているセレブにとっては常識、3つのラポールとは

副業とかアフィリエイトなどというたぐいの話ではなく、ビジネス、交渉、コミュニケーションとしての話が中心になります。
人と人が繋がり、交渉を繰り返すビジネスの世界や政界においては、この3つのラポール効果は常識と呼べれるほど知れ渡っています。

 

しかし、数千万円~数億円単位の大金に縁のない一生貧乏、もしくは普通の暮らしを選択している人にとってはあまり関係のないお話です。

セレブに大金を引き寄せている「3つのラポール効果」とは

3つのラポール効果

3つのラポール効果は

  1. 生理的ラポール
  2. 心理的ラポール、
  3. 論理的ラポール

この3つのラポールから成り立っています。

「ラポール(rapport)」の語源

フランス語の「架け橋」という意味です。

現在のフランスでは「意思の疎通性」という意味で使われることが多いようです。

また、心理学や心療内科カウンセリングなどで「信頼の架け橋」という意味でも広く使われています。

このラポール効果が用いられているシーン

この3つのラポール効果が使われているシーンは、普通の暮らしをしていて一般生活の中で目にすることは少ないでしょう。

しかし、各国で首脳会談が開催されているシーンをインスタグラムやtwitterなどのSNSで見ることができます。

 

 

アメリカのドナルド・トランプ大統領と日本の安倍首相が一緒にゴルフを楽しんでいるシーンでは、明らかにラポール効果が用いられています。

 

ラポールを理解している人が見るとスグに理解できる写真ですよね。

明らかにペーシングやミラーリングが双方で用いられています。

先進国の首脳クラスでは、ラポール効果は常識なのです。

大企業のトップクラスや,大手 IT企業のトップなどが会食するときや、ゴルフなどのシーンでも日常的にラポールは用いられています。

それほどのシーンでわざわざ用いられるほどの3つのラポール効果ですが、どういった理由で先進国の首脳やセレブに用いられているのでしょうか。

 

3つのラポールが政界や大きなビジネスシーンで用いられている理由とは

それは、人間の意識を理解する必要があります。

つまり人の意識は、「生理」「心理」「論理」から成り立っている生き物であることを理解する必要があります。

そして、人の意識は『顕在意識』『潜在意識』(無意識)の2つに区分けされています。

顕在意識とは、「プールに行きたい」「焼き肉が食べたい」「美術館に行きたい」という意識の表層に浮上している意識。

潜在意識は、「生存することそのもの」を担ってくれている意識です。

その割合は、97%:3%と言われています。

潜在意識と顕在意識の割合

潜在意識が機能しなくなると、臓器が停止して血流も停止して数分で死を迎えることになるでしょう。

体内の免疫機能や、酵素維持機能、細胞、臓器、ホルモンバランスなど、すべての生命維持機能が潜在意識によって管理されているからです。

自分の体でありながら、意識的に動かすことが出来る筋肉は限られています。髪の毛ひとつでも意識的に成長させることはできませんよね。

それができるのであれば、ハゲ、薄毛で悩む人はいなくなります。

 

 

ほとんどの生命存続機能を潜在意識がやってくれているということです。

また、潜在意識の中には太古からの、命を護るための記憶「防衛本能」も存在しています。

つぎは、潜在意識(無意識)の中にある「防衛本能」「ラポールの関係性」をみてみましょう。

 

潜在意識と3つのラポール

「生理」「心理」「論理」の3つのラポールは、顕在意識ではなく潜在意識に作用するものであることは、ザクッとでもご理解いただけると思います。

潜在意識の中でも、ラポールの多くは「防衛本能」の部分に作用します。

地球上で存在する生命で防衛本能がない生命体はいません。なぜなら、すでに絶滅しているからです。

「防衛本能」は、地球上で生命を維持する上で欠かすことのできない機能ということになります。

 

身近な防衛本能

身近に感じることが出来る防衛本能としては、女性に不人気な「脂肪の蓄積」がありますね。

体内に脂肪が蓄積される理由は、生命の維持してきた記憶そのものが、『飢え』との戦いの記憶だったからと言われていますね。

現代の飽食国家日本では、飢えで苦しんでいる人は少ないでしょう。このページを見ている方に至っては餓死しそうな人はほとんどいないことでしょう。

しかし、数万年単位で考えると、その歴史のほとんどは「飢え」との戦いの歴史です。脂肪の蓄積は、食料がなくなっても生命を維持させるための大切な機能です。

他には、写真など見ている時に点が3つ並んでいると、何かの顔に見えたりしたことはありませんか? 山道に落ちているロープを蛇と見間違えてありすることもありませんか?

これらも潜在意識の中に存在している「防衛本能」のひとつです。

 

生理的ラポールと類似性の法則

3つのラポールの中心は、生理的ラポールであるといえます。

[kanren postid=”2117″]

その生理的ラポールは、防衛本能の中に存在する「類似性の法則」に作用する強力なパワーを持ったテクニックです。

[kanren postid=”2088″]

 

ラポールを形成する鍵

そのラポール形成の鍵となるのは「愛」です。

相手へ「愛」を届けるという思いがあってこそ、強力なパワーのテクニックに効果が生まれます。

 

 

 

相手には、お客様の人生にはこれまで経験してきた価値があります。

 

 

それは、相手が人生経験の中で体験してきて大切にしている価値観で、その価値観を尊重することがとても大切です。

 

 

「相手を意のままにコントロールしてやろう」とか「自分の能力を示す」といった自惚れは言語道断です。

自惚れの立場では、深いラポールを築くことは絶対に不可能です。

自惚れ野郎からは「自惚れの波」が発信されることを、理解すればその結果はわかりやすいはずです。

「自惚れの波」の波を相手は受信します、つまりは、それこそ相手の防衛本能の発動ですよ!

 

「類似性の法則」を知らないのは、戦場に丸腰で向かうのと同じ事

類似性の法則 もはや脱古典人生

類似性の法則を理解していない人がビジネスシーンでは、これから向かう戦場に武器を何も持たずに戦いに向かうのと同じとも言えます。

それは、人の「本質」を知らない「無知」の状態で、ビジネスの交渉シーンへ向かうわけですから。

ラポールを理解する前に、人の命を守るための生存機能「防衛本能の内に存在する類似性の法則」を理解することは、大きなお金儲けの必須といえます。

[kanren postid=”2088″]

原子から発生している「波」の話を思い出してください。「波」の性質

すべての意識には「波」が発生しています。それは、潜在意識(無意識)のすべてからです。

その「波」には周波数が存在していて、波長、波形、振幅も存在しています。

その「波」は、あなたのセールスシーンで、確実にお客様から発信されています。

「波」が発信されているということは、お客さまがその周波数をキャッチできる状態にもあるということです。

つまり「同調」です。相手との「波」が同調することで、潜在意識の中に在る「類似性の法則」が発動され「同種、近しい」存在となり「親近感」すなわち受け入れてくれやすい状態となります。

 

 

SITEMAP