ビットコイン・仮想通貨でできる事

ビットコイン・仮想通貨ができる事

仮想通貨に最近興味を持ち始めた方へ

「仮想通貨でできる事」を、サラッと簡単にご紹介させていただきます!

① お買い物ができる

 

まずは先行通貨であるビットコインなどの最も主要な使い道。

ビットコインでお買い物やサービスを購入する事ができます!

急速に増え始めている仮想通貨決済ですが、既に多くの店舗でビットコイン決済をすることが可能になってます。

ビットコイン日本語情報センター : ビットコインが使える日本のお店

 

(通信販売:58件、実店舗:232件)

 

② 投資としての仮想通貨

 

仮想通貨は、電子マネーと同様と思われがちですが、その性質は全く違うものです。

仮想通貨は「通貨」です。

それは日本の国策としても動き出しており、色々な政策が出されています。

世界でも主要先進国は、仮想通貨取引を重要視しており、世界中の仮想通貨関連のニュースが増加しています。

電子マネーと違い「通貨」である仮想通貨には、「通貨レート」が存在します。

円やドルなどの対外貨ではレートが変動します。

その仮想通貨レート変動により、ビットコイン等の仮想通貨で投資をすることができます。

仮想通貨取引には複数の「仮想通貨取引所」がある為、そこで仮想通貨トレードをする事ができます。

ビットコインなどの価格変動率は大きめです。

取引時間の制限も無いので、365日24時間取引が可能です。

トレーダーの中には好んでビットコイントレードをする方もいて億り人も誕生していますね。

③ カンタンに口座が開設できる!

 

FXや株等を始めようとして証券会社口座へ口座開設を申し込む手順は、

  1. 証券会社サイトからの申し込み
  2. 自宅に郵送される書類に必要事項を全て記入
  3. 必要書類、証明書を提出
  4. 審査
  5. 審査通過後の連絡を確認してから取引開始

そこそこの手間が生じます。実際めんどくさいです!

しかし、仮想通貨取引はネット環境とメールアドレスさえあれば口座がラクラクと作成できます。(2018年1月現在)

仮想通貨に猫パンチ|仮想通貨でできること

取引口座は、アプリを使えばスマホでだってスグに作れてしまいます!

つまり、仮想通貨口座で資産管理がラクラクできるという事です。

 

④ 海外送金の手数料が安い

 

仮想通貨の海外送金

仮想通貨は複数種類がありますが、その仮想通貨取引の口座があれば世界中どこにでも送金ができます。

例えば、ビットコイン口座さえあれば世界中どこにでも送金が可能です。

 

現行の通貨は銀行などの中央管理機関がなくて機能しない為、海外送金は中央管理機関を通してのみ行う事になります。

すると、その機関のシステムを利用するわけですから、当然手数料がかかります。

更にその機関が稼働していない時間帯(夜間や土日祝日)は送金ができません。

仮想通貨取引では手数料も無料から選ぶことが可能です。

仮想通貨取引のシステムは、365日24時間稼働していますので、費用と時間が縮小することになります。

 

⑤ 電子決済システムを低コストで導入できる

 

現在、商業用で普及している電子決済システムは、クレジットカードや電子マネーが主流です。

クレジットカードの多くはその手数料(カード会社に支払う)は10%となるため、個人経営規模のお店などでは導入障壁が高いのが実情です。

仮想通貨取引なら、電子決済システムを安価に導入する事ができるのも良いところです。

実際に、ビットコインであればとても安価に電子決済システムを導入することが可能です。

 

家族でご商売をされている方など、とても喜ばれる仕組みですね。

 

⑥ 寄付がカンタンにできる

仮想通貨は、寄付をするのにも適しています。

せっかく寄付をしようと思っても、無意味に手数料を引かれたり(銀行に寄付しているわけじゃないのに)して寄付したい金額よりも少ない額しか寄付できない!そんな状況を回避できるのです。

海外送金コストの低さと関連している事ですが、仮想通貨は寄付をするのにも適しています。

 

 

まとめ

以上が2018年1月現在の仮想通貨取引の主な利用例です。

まだまだ仮想通貨がこれから発展していけば、世界規模でできる事はどんどん増えていくでしょう。

特に「分散型」と呼ばれるビットコインなどの仮想通貨金融システムは個人間の取引にとても相性が良いと思います。

仮想通貨の今後にますます注目です!

仮想通貨の最新情報もどんどん掲載していきます。ぜひご覧下さい!

ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

もはや脱古典人生|先立つ物さえあれば何ということもない