イーサリアム(ETH)の最新情報まとめ!気になる2018年は?

イーサリアム(ETH)の最新情報まとめ!気になる2018年は?

 

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ人気の高い仮想通貨です

プレセールから驚きの価格上昇をみせています。ここで手に入れる事ができた人は、羨ましい限りですね。

 

ここでは、プレセールって何?などについても合わせてまとめてみました。

イーサリアム(ETH)とは?

ビットコインと同じように、「イーサリアム=仮想通貨」と思われがちですが、正式にはイーサリアムとはブロックチェーンを新たな分野に応用していこうというプロジェクトとして始まったものなので、仮想通貨の名称というわけではなく、分散型アプリケーション やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称のことです。

本来は、あくまでソフトウェアやアプリケーションの総称です。

このプロジェクトで使用されている通貨が「ether(イーサー)」と呼ばれるもので、イーサーの呼称が通貨の意味を成しています。

でも、イーサリウムという名前のほうが圧倒的に普及していて、取引所でも「イーサリウム=通貨」と認識しているのでこのままなんでしょうね。

そのイーサリウムは、台帳に契約の情報も付与することに成功して、管理するシステムとなっています。

「スマートコントラクト」と呼ばれています。

スマートコントラクトとは

「スマートコントラクト」技術とは
スマートコントラクトは、コントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコル(規約)のことです。
つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます。
取引プロセスを自動化できるため、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されて、各国で取り組みが行われています。
ブロックチェーン上で「スマートコントラクト」を利用すると、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現できて、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム購入ならビットフライヤー公式サイトは → こちら


とても大きな役割を果たしてくれそうで、その期待値が高そうなことは分かるんですけど、少し難しいのでザックリ説明すると。

ブロックチェーンに自由度の高い記述ができるから、スマート(賢い)コントラクト(契約)ができるとか。


実際に、「ujo MUSIC」というサービスで、始まっています。

著作権やアーティストへの対価の支払いを理想の形に近づけるために創られた音楽配信サービス。

これまでは、アーティストが楽曲をリリースして、楽曲が買われて、アーティストに収入として入ってくるまでに、たくさんの中間業者が存在していました。

そこにはたくさんの契約が存在し、1曲リリースしてから、収入を得るまでに1年かかることもあったそうです。

この契約部分を簡略化し、自動履行できるようにしたのが「ujo MUSIC」です。

レコード会社などの「中間業者を通さず」、「決済はすべて仮想通貨Ether(Ethereum)」によって行われます。

ユーザーがWeb上の楽曲を選択してイーサリアムを支払うとそのライセンスが自動発行され、アーティスト達はスマートコントラクトに定義された配分で即座に直接イーサリアムで対価を受け取る仕組みになっています。

「契約」というと、契約書類を思い浮かべる人も多いかと思いますが、スマートコントラクトの契約は、「自立執行権のある契約」です。

〇〇という条件を達した時には確実に●●をするというイメージの契約(約束)です。

例えば、洋品店で「次回、お買い物を五千円以上買い物をしてくれれば、確実に25%OFFにします」ということです。

こういった「一定の条件を満たすことで、絶対に執行される約束」をブロックチェーン上で実現する技術、それがスマートコントラクトですね。

スマートコントラクトに期待されているその用途は、金融、医療、行政など多岐にわたります。

ビジネスチャンスと捉えた企業は積極的に導入計画をしているようです。これも期待値があがってしまいますね!

 


プレセールとは

仮想通貨のプレセールとは、新しく発行される通貨が一般販売で市場に公開される前に希望者が仮想通貨を購入できる期間のことです。

新しく発行される仮想通貨は、一般公開の前にプレセールの時期を設定しています。

プレセールを実施する理由としては、開発のための資金調達を目的としている場合や、新規仮想通貨の公開前にある一定数の所有者を確保しておくことで、その仮想通貨に対する認知度を高めることと、市場への定着をスムーズに行うということにあります。


イーサリアムは、現在15万円前後で少し落ち着いていますね。

イーサリアム日足チャート

イーサリアムのプレセール開始は、2000ETHを1BTCでの交換からプレセールが始まりました。

[1ETH=0.0005BTC(2014年9月)]の価値で始まったイーサリアムが、リリース後に[最高1ETH=0.008BTC(約16倍の価格上昇/2015年7月30日)]となっています。

1ETH = 26円程でしょうか。もちろん、私はその時に買っておりません!

2018年1月現在は、上記チャートの15万円前後を推移しているので、何倍?たらればになるので考えないようにします。

 

イーサリアムが注目される理由とは

イーサリアムはビットコインよりも機能的に優れてると言われる点をまとめてみます。

現在イーサリアムとビットコインの価格は、10倍以上の価格差があります。

しかし、今後はイーサリアムの市場がビットコインの市場を抜き去るのではないかとも言われています。

その理由としては、

  • 技術的に優れている(スマートコントラクトなど)
  • 当初から4段階のアップグレードが用意されている
  • EEA(イーサリアム企業連合)の存在
  • ICOとの関連性が高い

とこれだけでも十分に魅力的ですね。


 

イーサリアムアップグレードの4段階とは

当初からイーサリアムは4段階のアップグレードが予定されています。

  • STEP1:フロンティア
  • STEP2:ホームステッド
  • STEP3:メトロポリス
  • STEP4:セレニティ

 

2018年中にSTEP4のセレニティまで完了するといわれています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム購入ならビットフライヤー公式サイトは → こちら

アップグレードが完了すると?

セレニティが実装されると、「ライデンネットワーク」という機能が実装され、処理能力が爆発的にアップします。

「1秒間に100万件以上の取引が可能となる」

現在では、「VISAカード」が世界一の処理速度で、「1秒間の取引量は3000~5000件」

今のところ人気のビットコインですが、こちらの処理能力は「1秒間に14件」

処理がはやいリップルでも「1秒間に1000件」

NEMのカタパルトでも1秒間に「4000件」

同じ仮想通貨でこれだけ技術の差があります。

これは、ホリエモンも嬉しいですよね。

 

2018年イーサリアムの価格はどうなる?

ビットコインの2018年価格は「 1BTC=220万円 」を記録すると、人工知能未来予測プログラム「ウェブ・ボット( Web Bot Project )」が予測しました。

ウェブ・ボットは、元マイクロソフト技術者であるクリフ・ハイ氏が株価を予測するために作られたコンピュータープログラムです。

このウェブ・ボットの面白い部分は SNS などに投稿される「人々の会話」を集計・分析し、「感情を数値で測定」し株価を予測します。

今回、このウェブ・ボットが「 2018年のビットコイン価格」の他に「その他暗号通貨の 2018年価格」まで予測した情報が流れてきました。

ご紹介したいと思います。

「2017年までの価格の動きとは全く違った価格変動を見せるはずです」

やはり、イーサリアム価格上昇のターニングポイントは、最終ハードフォークである「 Serenity(セレニティ)」でしょう。

イーサリアムは、その機能性の高さからビットコインを超える可能性がある唯一の暗号通貨と期待されています。

  • ビジネスプラットフォームとしての期待度
  • 今後の ICO の中心的存在
  • 新しい技術導入

イーサリアムが優れているのは明らかです。

最終ハードフォークの Serenity が完了したと同時に、イーサリアム価格は一気に上昇すると言われています。

ハードフォークの時期は要チェックです。

もうすぐ来る春、2018年の3月が楽しみですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム購入ならビットフライヤー公式サイトは → こちら

まとめ

 

いかがでしたか?

こちらでは、イーサリアムが期待される理由をご紹介しましたが、おそらくご紹介できたのはほんの一部分だと思います。

他にも、アメリカで話題になっている、イーサリアムを企業や市場に適用させる団体「 Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・以下 EEA )」には、すでに 「トヨタ」を含む100社を超える企業が名を連ねています。

特に注目すべきは、EEA の中にイーサリアム最大の支持とも言われているマイクロソフト社を始め、JPモルガン、インテルも名を EEA に加盟しているという事実でしょう。

他にも最近の ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で発行された暗号通貨には、イーサリアムブロックチェーンを使ったものが多く含まれているということでしょうか。

ますます注目の仮想通貨ですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム購入ならビットフライヤー公式サイトは → こちら

 

>>>バイナンスの利用者5人に体験談を聞いたみました。

もはや脱古典人生|先立つ物さえあれば何ということもない