コイン選びは悩む!人気のコインが買える取引所一覧

コイン選びは悩む!人気のコインが買える取引所一覧

 

HAJIME

コイン選びって迷いますよね!今回は、人気の高い仮想通貨を買える取引所をまとめたのでご紹介します。



人気の仮想通貨一覧

HAJIME
人気順と言うわけではありませんが、取引量の多い仮想通貨を並べてみました。
 
仮想通貨特  徴
Bitcoin
BTC
2009年に仮想通貨はbitcoinから始まりました。現在、世界中の取引所でビットコインを基軸通貨として取引が行われています。
現在の仮想通貨の中心的とも言える存在となっています。現在では最も価格と人気が高い通貨です。

ビットコインが買える取引所

全取引量・資本金国内最大。安心の取引所 bitFryer (ビットフライヤー)

BTCレバレッジ最大25倍 GMOコイン

ビットコインの取引ならGMOコイン

Bitcoin Cash
BCH
2017年8月にビットコインから分裂して誕生した仮想通貨です。ビットコインという名前が含まれていますが、アルトコインの一種です。ビットコインを改良後、ブロック容量が1MB→8MBへと拡大されています。

ビットコインキャッシュが買える取引所

全取引量・資本金国内最大。安心の取引所 bitFryer (ビットフライヤー)

マイナス手数料はここだけ Zaif(ザイフ)

Etherreum ETH
ビットコインと並ぶほどに知名度の高い仮想通貨です。最大の特徴はユーザー独自に定義した契約(スマートコントラスト)の概念です。これによってより柔軟なプラットフォームを提供します。また、ICOプラットフォームとしても有名です。

イーサリアムが買える取引所

マイナス手数料はここだけ Zaif(ザイフ)

ETHレバレッジ最大25倍 GMOコイン

Ripple
XRP
リップルはネットワーク上のブリッジ通貨の役割を持ち、将来の銀行送金技術を担う可能性を秘めている通貨です。
他の通貨よりも送金速度に優れています。人気が高く注目度の高い通貨です。

リップルが買える取引所

スプレッド(売りと買いの価格差)0.3円 GMOコイン

全取引量・資本金国内最大。安心の取引所 bitFryer (ビットフライヤー)

Litecoin
LTC
送金時間がビットコインの4倍のスピード。よくビットコインは金、ライトコインは銀にたとえられますが開発者は別です。ライトコインは、ビットコインよりも安いので売買しやすく、ビットコインにある脆弱性が存在しない。
Litecoinが買える取引所

スプレッド(売りと買いの価格差)100円 GMOコイン

全取引量・資本金国内最大。安心の取引所 bitFryer (ビットフライヤー)

Ethereum Classic ETC
イーサリアムクラッシックはイーサリアム から分裂した仮想通貨で,イーサリアムのハードフォークで新しく生まれた通貨です。

イーサリアムクラッシックが買える取引所

国内大手取引所 Coincheck

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

NEM
XEM
もともとNew Economy Movementの略称で、金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標として始まった仮想通貨です。

ネムが買える取引所

NEM板取引可能 Zaif

国内取引所 Coincheck

MONACoin MONA
モナーコインは日本初の暗号通貨として2013年12月にスタートしました。発祥元は巨大掲示板の「2ちゃんねる」です。プログラムはビットコインと同様のオープンスペースになっており、管理集権団体は存在しません。

モナーコインが買える取引所

MONA取引量日本一 Zaif

Lisk
LSK
Liskは、スマートコントラクト機能があり、人気のプログラミング言語「javascript」を採用していることが良く知られています。また、Microsoftとパートナーシップを結んだことも有名です。Microsoft Azure以外にはShape Shiftなどとも提携しています。

リスクが買える取引所Lisk LSK

国内大手取引所 coincheck

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

Monero
XMR
ビットコインに比べて匿名性の面でビットコインよりも優れているのが特徴。ビットコインは、公開帳簿式であるのに対し、モネロは非公開なので取引を第三者に見られる心配がないというメリットがあります。

モネロが買える取引所

国内取引所 coincheck

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

Dash
DASH
Dashには2つの特徴があり、1つは送金元を匿名化できるので第三者に取引を見られる心配がないことです。もう一つは決済時間が早く、1秒間で5回の取引を処理することができます。

ダッシュが買える取引所

国内取引所 coincheck

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

Zcash
ZEC
大手銀行JPモルガンと提携を結んだことで話題になっている仮想通貨。「ゼロ知識証明」と言われる匿名性の機能を持つ通貨で、取引時のやり取りを非公開にできる特徴があります。

Zcashが買える取引所

国内取引所 coincheck

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

NEO
NEO
イーサリアムと同じくスマートコントラクト機能を実装しているため、「中国版イーサリアム」とも呼ばれていますが、開発者にとって難しく馴染みのないSolidityという開発言語を使うことが求められるイーサリアムと違い、NEOはMicrosoft.net、Java、Kotlin、Go、Python等のプログラマーにとって馴染みのある言語が使えます。

ネオが買える取引所

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

Stratis
STRAT
STRATISとはビジネス向け、ブロックチェーンアプリケーション(DAPPS)開発プラットフォームであり、そのコンサルタント企業です。迅速・簡単・安価でブロックチェーン開発を提供することを目指しています。

Stratisが買える取引所

海外最大手取引所Binance(日本語対応)

Factom
FCT
Factomは仮想通貨ではなく、ビットコイン2.0の仕組みの一つです。Factomを使うことで書類や記録を分散的に管理・追跡・監査でき、中央的なシステムに比べてより安全に確実にデータ管理ができる特徴があります。

Factomが買える取引所

国内取引所 coincheck

 

バイナンスバナー_05

【BAINANCE】トレード可能ペア通貨の種類一覧

2018.01.21

バイナンスのアプリの使い方を日本語で図解しました。

2018.01.19

国内で人気度の高い仮想通貨

HAJIME
いくつかの仮想通貨を紹介しましたが、その中でも日本国内で今後を注目されている人気の高い仮想通貨を紹介します。

【bitcoin】ビットコイン

 

仮想通貨の代名詞ともいえるほどビットコイン有名な通貨です。

ビットコインの普及は急速に拡大していて、国内企業がビットコイン支払いに対応し始めています。

ネットショッピングでの支払いだけではなく店頭支払いやビットコインが使えるATMまで誕生しています。

世界中の仮想通貨取引所において、基軸通貨となっているビットコインの値動きがアルトコイン全体へとその影響を与えます。

更には2017年内にアメリカの世界最大級の金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で、ビットコイン先物取引が導入されようとしているため、大手銀行や機関投資家が参入し、市場規模が拡大すると予想されています。

 

 

【Ripple】リップル

仮想通貨Ripple(リップル)は、送金速度性能に優れているため、今後の銀行や国際間での送金手段の通貨として注目を集めています。

日本で人気なのは、世界でも有名なメガバンクを抱えている日本企業のSBIグループとの共同会社設立、またはSBI北尾社長のリップルに対するポジティブな発言等、両者の深い関係性が知られているためです。

また、SBIグループとSBI Ripple Asiaが主導する、「内外為替一元化コンソーシアム」において、外国為替商用利用が2017年に行われています。

「内外為替一元化コンソーシアム」は三井住友銀行ゆうちょ銀行等のメガバンクも参加している、次世代送金インフラ整備を目的とした巨大プロジェクトです。

 

【NEM】ネム

 

ネム(NEM)は”New Economy Movement”新しい経済活動を意味しており、”金銭的な自由と平等、分散、連帯感の原則のもと新しい経済活動を起こすプロジェクト”として始まりました。

NEMの通貨単位はXEM(ゼム)。発行枚数は8,999,999,999XEMでこれはすでにそれぞれの投資家たちに均等に分けられました。

日本の仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ社が、ネムの技術を基に設計したプライベートブロックチェーン「mijin」を発表し、2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたり「mijin」を採用することが発表されるなどで注目を集めています。

「NEM」の価値と「mijin」の価値はある程度比例するかと思われます。

NEMの購入を検討している方は「mijin」と関係のあるZaifでNEMを購入することをおすすめします。

 

人気の仮想通貨を買える取引所:まとめ

それぞれの取引所に特性があり、一概にどの取引所が一番いいとは言えません。

自身がどのように取引所を使っていきたいのかに合わせて選ぶと良いと思います。

例えば…

  • はじめてで心配だから、一番安心できそうな仮想通貨取引所をえらびたい

⇒ 資本金や取引量は日本で最大で、国内最大手の取引所と言える「bitFlyer」

  • 取引手数料だけでなく入出金手数料や手数料コストを安く済ませたい

⇒ すべての手数料が他よりも安く利用できる「GMOコイン」

  • 色んな種類の仮想通貨を購入して分散運用したい

⇒ 国内最多仮想通貨種類の「coincheck」

  • 企業の発行するトークンに投資してみたい

⇒ 企業トークン取り扱いの多い「Zaif」

 

>>>バイナンスの利用体験者5人に体験談を聞いてみました。

 

というように目的に合わせた利用が大切です。

実際には、合う合わないがあると思います。僕もそうでした。

どれもやってみなければ分からないというのが実感です。

取引所のアカウント作成は無料なので、一度全て作ってみてそれから比べてみるのもいいかもしれません。

ぜひ、色々と試してあなたにピッタリの取引所を見つけてください。

もはや脱古典人生|先立つ物さえあれば何ということもない