悪魔の金儲けコミュニケーション術!ノンバーバル・コミュニケーション

ノンバーバルコミュニケーション ”言語コミュニケーション術”

悪魔の金儲けコミュニケーション術とタイトルにしましたが、それくらいの強力コミュニケーション術を紹介します。

お金を稼いで豊かな暮らしを手に入れるために、ぜひ憶えておきたいスキルです。お金持ちの間では常識です。

ノンバーバルコミュニケーションは『売る」力に直結します。それは数万円程度の小額商品は勿論ですが、本領発揮は1リフォームなどの00万円以上から不動産販売の数千万円規模まで。

金額が大きくなればなるほど大いにその効果を発揮します。

 

 

元々がコミュニケーションの方法として「伝わらない」「伝える」。いわゆる意思疎通の効果的な手法として生み出されている背景があります。

では、ノンバーバルコミュニケーションを理解して使い倒し、脱古典人生!脱古典企業!しましょうね!

 

メラビアンの法則との違い

メラビアンの法則と似ていますが、ノンバーバルコミュニケーションは、「言葉以外93%の手段を用いて行うコミュニケーション」の在りかたそのものを指します。

メラビアンの法則は理論、ノンバーバルコミュニケーションは非言語コミュニケーションの活用を含んだ在り方と表現すれば、わかりやすいのではないでしょうか。

コミュニケーション能力の秘儀(お金儲け能力の秘儀)ラポール形成のために欠かせないスキルです。

 

ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)の例

 

ノンバーバルコミュニケーションは、普段の生活の中でも用いられています。

具体例でどのようなシーンで用いられているかを見てみましょう。

 

 

友人と食事に出掛けたとします。メニューを見て、料理を注文します。

その後料理が運ばれてきて、食事を始めた時、友人はあなたに向かって「美味しい?」と尋ねます。

 

あなたは、トマトが苦手で食べることが出来ませんでした。

 

その料理にはトマトがたくさん入っていたのです。

そこであなたは首をかしげたり、繭をひそめたり、しながら「これ!」とフォークでトマトを指します。

 

 

これが、ノンバーバルコミュニケーションです。

このように、相手の印象を決定づけるうえで重要なのは、ノンバーバルという非言語であり、言語よりも圧倒的に伝達するということです。

ノンバーバルコミュニケーションには、視覚的要素や聴覚的要素の他にも、嗅覚、味覚、身体的要素などがあり、それらの五感に作用するものです。

 

ノンバーバルコミュニケーションの効果

 

言語を用いずに相手の感情や、心理状態を判断するのに役立つノンバーバルコミュニケーションですが、相手の考えていることを正確に読み取るためには、相手とのラポールが重要です。

ノンバーバルコミュニケーションを多く用いることが出来るようになれば、その読み取る能力も鍛えられます。そうすることによって相手とのラポール構築も早まります。

しかもノンバーバルコミュニケーションは、相手に学習させることも可能なのです!これが大きい!

 

ノンバーバルコミュニケーションを活用

 

「目は口ほどにものをいう」この言葉が、まさにノンバーバルコミュニケーション(非言語)を象徴していますね。

 

 

あなたが誰かを好きになって恋愛をしている時に、じっと「見つめる」という行動をしませんか?

これも「相手への好意を伝える」というスキンシップです。

 

歯医者は達人揃い

また、歯医者さんはノンバーバルコミュニケーションの読み取り能力に優れていると思いませんか?

「痛い時は左手を上げてくださいね」と優しく言ってはくれますが、実際にいたい時に左手を上げる余裕はないですよね。

そんな時に「うっ!」という表情をすばやく察知してくれます。

 

 

逆に察知してくれない歯医者には、行きたくない。というか死んでも行かない!

 

ノンバーバルコミュニケーションの重要度は高い

 

人の感情や気持ちが率直に表れるのは、言葉よりも非言語のほうです。

非言語でのコミュニケーションの分析力を鍛えることで、言葉の裏に隠れた潜在意識を読み解くことができるようになります。

非言語コミュニケーションは、人間なら誰しもが用いているコミュニケーション方法です。

 

 

言語では「YES」と言っても、実際は「NO」ということもあります。

逆に言葉は「NO」と言っても本音は「YES」ということもあります。

 

「売る」というシーンでノンバーバルコミュニケーションを理解して、「使いこなしている」という方は、さほど多くはと思います。

とてももったいないですね。

 

脱古典人生で豊かさを手に入れるためには「ラポールを構築」は絶対に欠かせないスキルです。

んpんバーバルコミュニケーションそのための土台と考えれば正解です。

最後に

僕の中では、欧米の人は、基本的にゼスチャーが大きいとか、思ったことははっきりと伝えるというイメージがあります。

しかし、それに比べて日本人はなかなか思ったことを口に出せない人種なのかもしれません。

だから、この非言語コミュニケーションスキルの重要性は、より高いと感じています。

ぜひ、ノンバーバルの非言語コミュニケーションを使い倒して豊かな人生と、脱古典人生を手に入れましょうよ!